第4回研究大会 

2018年6月16日・17日開催

                    16日(土)12:30 受付
                    16日(土)13:30 研究大会大会開始
                    17日(日)12:30 研究大会終了

                     プログラム詳細2018/06/11修正しました
  • 会場:三重大学内の総合研究棟II メディアホール大学構内地図(三重大学Webサイト) 地図の1-II、Jの建物です。
  • 共催:三重大学生物資源学研究科フューチャー・アース推進ユニット
  • 協賛:松浦武四郎生誕200年記念事業
  • 交通、宿泊 (津駅付近の宿泊施設は空きが少なくなっています。四日市、白子、松阪等の近隣エリアもご検討下さい)
  • 大会参加費 : 2000 円
    大会参加費は、当日会場でのみ徴収いたします。

    領収書は、大会参加費として発行します。
  • 特別講演
    山本 命(松浦武四郎記念館・主任学芸員)
     「幕末の北方探検家松浦武四郎」
大会参加・発表申込受付
○参加を希望される方は5月31日(木)までに本ページ下部の申込フォームからお申し込みください。 
○発表者を募集します。締め切りは
5月7日(月)です。
申込フォームにタイトルを記入する欄があります。通常の研究発表に加えて、調査報告、映像発表、研究計画 などの内容を受け付けます。 
発表予定者は同時に、administration@siberian-studies.jpに発表要旨をお送りください。 それをもって予稿集の原稿(版下)といたします。下記の要領で作成し、添付で 送ってください。 

発表要旨作成要領

  • WORDファイル、A4一枚、、タイトル・お名前・ご所属は12pt、本文 10pt、上下左右に30mmの余白を設定のこと。
  • このフォームにおさまる  限り、図表、写真の挿入は可。
  • 本文部分は二段組みにしてください。
  • 発表時間は、討論込みで25分を基本とします。発表者の数によっては、時間調整を行う場合があります。
交通

津駅(JR・近鉄)から

1. バス利用の場合
津駅東口バスのりば「4番」から三重交通バスで、「白塚駅」(06系統)、「千里駅」(40系統)、「三重病院」(51系統)、「椋本(むくもと)」(52系統)、「豊里ネオポリス」(52系統)、「サイエンスシティ」(52系統)、「三行(みゆき)」(53系統)、「高田高校前」(56系統)行きで、「三重大学前」下車。(附属病院、医学部、工学部へは「大学病院前」下車。)
注:「大学病院経由」または「大学病院」行きのバスには乗らないでください。 (会場へは遠く、時間がかかります。)
バス停の場所(三重交通Webサイト)
http://www.sanco.co.jp/bus_stop/tsu-sta.php                  

2. タクシー利用の場合
津駅からタクシーで約10分

3. 徒歩の場合
津駅から徒歩で約30分

江戸橋駅(近鉄)から:

大学へは、江戸橋駅(近鉄)が最寄りです。徒歩約15分です。

中部国際空港(セントレア)から

津エアポートライン(船)で津なぎさまちへ40分
「津なぎさまち」から三交バスで「津駅前」まで約15分
「津なぎさまち」からタクシーで三重大学まで約15分
津エアポートラインWebサイト
http://www.tsu-airportline.co.jp/

大学へのアクセス(三重大学Webサイト)

http://www.mie-u.ac.jp/traffic/index.html


宿泊施設

  • 津市(JR・近鉄津駅)付近にビジネスホテル等の宿泊施設がありますので、ご利用ください。津駅から三重大学までは、バス、タクシー、徒歩での移動となります。
  • 津駅周辺の宿泊施設は空室が少なくなっているようです。次の駅の付近宿泊施設のご利用もご検討下さい。
    四日市(近鉄で20分程度)
    白子(近鉄で10分程度)
    松阪(近鉄で15分程度)
  • 学生向けに、大学に隣接した宿泊・研修施設(翠明荘)が利用可能です。 
    料金: 2,500円(税込)/素泊まり1泊1名
    施設情報: 宿泊室6 室(和室4室、洋室2室)、研修室1室(大部屋・宿泊可)